国産仮想通貨Kotoを掘りはじめた

calendar

昨年2017年の12月に公開された国産仮想通貨、Koto。

遊び半分でBitZenyを掘ってる〜〜みたいなツイートしてたら、Kotoを教えてもらいました。

最初は上場もしてないしスルーかな〜と思ってたんだけど、なんか現状Linuxしか対応しか対応してなくてWindowsユーザーは人柱募集中みたいな雰囲気だったのでこれはサーバーの有効活用ではと軽い気持ちで掘ってみようかと。

zenyのマイニングはWindowsで配布されてるマイナーを落としてきてbatファイルコピペして動かしてただけなんで詳しいことは何も知らない状態だったんですが、CentOSのでKotoをcloneしてきてビルドしてkotod走らせて・・・とかやってるうちになんかだんだん楽しくなってきて。(CUI叩くのめっちゃ好きな奴)

libcurlってなんやねんとか。

kotodを走らせるのがマイニングだと思ってたら、どうやらこれがソロマイニングってやつらしい。と気づいたり。

新たな発見がいっぱいだよ。

んでんでソロマイニング全然掘れない〜とかツイートしてたら、Sakura Poolというところの公式ツイッターがフォローしてきてくれたので、こちらにお世話になることに。

そんなこんなで無事マイニングを始めることができました。

で。CPUはIntel Core i5 2500kなんだけど、この非力さでBitZenyと比べ物に慣れないほど掘れる掘れる。

Nicehashからマイニング入ったのでBitZenyが1日7枚程度掘れるのですら感動を覚えたのに初日数時間掘っただけで20枚近く。

楽しすぎてやみつきになりそう。

結局、発熱怖いしリソースあんまり割きたくないな〜と考えて2Threadで掘ってたのが4Threa全て使って掘ってまつ。。。。

あと、これもKoto掘ろうとし始めて知ったんだけど、screenめっちゃ便利。マジで人生変わる。

今まで nohup $command & でバックグラウンド対応してたんだけど、ちょくちょく落ちてて困ってたの。

に比べてscreenほんと神。screen -rで戻れるって何。最高すぎかよ。。。

何かやろうとするたびに新しい知識が身について楽しいね。Linux。

そうそう、マイニングでず〜〜っとPC点けっぱなんだけど外出中とかちょくちょくハッシュレートがきになるってのでTwitterbot作ったんだよね。よかったらのぞいて見てね。

1分に1回、BitZenyのworkerStatusを、5分に1回、サーバーのCPU温度を呟いてるよ。

サーバーのCPU温度は設定温度以上になったらリプライ飛ばすんだけど、これに返信して緊急シャットダウンとか出来たら良さげだよね。

@mosin_mining

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す