思ってたより凄すぎたAWS

calendar

今流行りのAWS(AmazonWebService)。

そんなAWSの勉強会に参加してきました!

実は家鯖のスペックアップを考えた時にAWSでいいんじゃないかと試してみたものの、よくわからず無料期間スタート後数時間で退会。

なんだこれクソじゃんって思ってたけど、今回の勉強会に参加してそんな考えは180度変わりました。

 

そもそもAWS自体をレンタルサーバーだと思いこんで登録、ssh接続用のIPとかなくね?って色々弄るもEC2やらS3やら出て来てわけがわからず次第にモチベが下がってリアイアしちゃった。

 

それもそのはず。AWSはクラウド上のPCを使えますよってサービスで、レンタルサーバーを提供するサービスではないわけで。

 

レンタルサーバーを使おうと思ったらAWSのさらにEC2というサービスを使わなきゃならないってことを知らなかったんだね。

 

ちなみにEC2とはECC(Elastic Compute Cloud)で、自由自在にパワー変更できるコンピュータを提供するクラウドサービスって意味らしい。EC2なのはECCだと某英語教室と名前がかぶるみたいな話を聞いたような…

 

で、使ってみたところ。

 

10分あればサーバーマシン借りるところからスタートしてWebサーバー立ててWordPressでブログ公開できます!!!

めっちゃすごい!!!

超簡単!!

何がすごいってもう書ききれないほどあるけどいくつか挙げてみると。

・OSが超多彩!

Amazon改造版CentOSのAmazonLinuxをはじめ、CentOS7(AmazonLinuxは6)、Ubuntu、WindowsServerまであって他にもFreeBSDやらあってとりあえず使ってみたいOSがあったらタダですぐに触り始めることができる!

・マシンスペックが良い!

Xeonの2.5GhzCPU搭載の1GBRAMに8GBストレージが無料で使える!Webサーバーしたい〜とかの目的なら十分すぎるスペックです。

・複数のマシンを同時に使える!

一つのマシンを用意するのに数クリックで3分あればできる。さらに、(多分)マシンは作り放題。いや、上限はあるだろうけど。2、3個実験用に用意して同時にSSHで操作したりもできました。しかも、ワンクリックで起動、再起動、削除かできる。

・sshの鍵設定が簡単!

普通、sshを使おうと思ったらまずサーバー側で秘密鍵と公開鍵を作って、秘密鍵をクライアントにコピー、やらめんどくさい作業が必要。AWSならワンクリックで鍵をダウンロードできてしまいます。強過ぎる。

ざっとらこんな感じのメリットを挙げれます。

 

ただ、自分自身が今まで自宅サーバーを使ってたから他のレンタルサーバーサービスは全く知りません。これらのメリットは他のサービスでもあるのかな??

 

で、デメリットの方はというと

・放置はよくないらしい。

・他のレンタルサーバーに比べてお高め?

AWSは定額制でなく、通信した分だけ料金が発生する従量課金制なため、アクセス数が多かったり、外部から編集可能なサイトを公開して放置してたりすると、無料期間が終わった途端高額請求が来たり、なんてこともあるみたいですね。実際、さくらインターネットのレンタルサーバーの料金と比べると同じくらいか、少しAWSのが高くなるようです。

 

そして、一番重要なのが

・ロマンがない

これが一番のデメリットですね。サーバーってのは家にありつつ常に動いている様を眺める、そしてハブが点滅している様を見る。

そういうところにサーバーの価値ってものがあるんですよ。

オンラインで数クリックでサーバー立てる??

わかってないですね。何時間もかけてOSインストールからするのが楽しいんじゃないですか。

OSインストールしてアップデートして、コンソールに文字がダーーッと流れる。

その瞬間「あぁ・・・これほどのデータが今ここに流れてるんだなぁ・・・」って実感するのが快感なんじゃないですか。

 

そんな感じです。

まぁ要するに

個人で利用する分には少し考えもの、企業や学校で複数人での利用なら勉強会が出来たりメリットがありそうだよ!!ってお話でした。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す